TitaniumMobile勉強記

Web系エンジニア向けのキャリアアドバイザーやってましたが現在はフリーランスで開発含めて色々やってます。技術ネタとしてはRuby/RailsとJavaScript関連(Node.js、Titanium)あたり

デザパタのBuildeパターンの使い方がやっとわかった

はてなのnaoyaさんが書いたprototype.js でデザインパターン - Builderを読んだ当時は、デザインパターンっていうのが正直何なのかがよくわからなかったし、このJavaScriptソースコードで意図していることがわからなかったので

「ふーん、何か便利なんだろうなぁー」

位にしか感じませんでした。

最近になって、デザパタの便利さっていうのが徐々にわかるようになってきてBuilderパターン使うことで自分が今作っているツールのソースもかなりすっきりしたものに仕上げられそうなので、naoyaさんが書いた上記エントリの丸写しに近いけどprototype.js読み込まなくてもOKな形で書いてみた。

※AppendableStringクラスは本来無くっても良いのだろうけど各Builderクラスの記述がスマートになりそうだからこれもそのまま丸写し。

/*
 Builder.js
 */
var Builder = function(obj){
  this._obj = obj;
  return this._obj;
};//Builder
var HTMLBuilder = function(obj){
  var _builder = new Builder(obj);
  this.title = _builder.title;
  this.str = _builder.str;
  this.items = _builder.items;
  this.buffer = new AppendableString('');
};
HTMLBuilder.prototype = {
  makeTitle : function (title) {
    this.buffer.append('<h1>' + this.title + '</h1>');
    },
  makeString : function (str) {
    this.buffer.append('<p>' + this.str + '</p>');
  },
  makeItems : function (items) {
    this.buffer.append('<ul>');
    for (var i = 0; i < this.items.length; i++) {
      this.buffer.append('<li>' + this.items[i] + '</li>');
    }
    this.buffer.append('</ul>');
  },
  close : function() {
    this.buffer.append('</body></html>');
  },
  getResult : function () {
    return this.buffer.toString();
  }
};//HTMLBuilder.prototype

var JSONBuilder = function(obj){
  var _builder = new Builder(obj);
  this.title = _builder.title;
  this.str = _builder.str;
  this.items = _builder.items;
  this.buffer = new AppendableString('');
};
JSONBuilder.prototype = {
  /*
  JSON形式の出力はまだ未実装
  */
  makeTitle : function (title) {},
  makeString : function (str) {},
  makeItems : function (items) {},
  close : function() {},
  getResult : function () {}
};//JSONBuilder.prototype

var Director = function(builder){
  this.builder = builder;
};
Director.prototype = {
  construct:function(){
    this.builder.makeTitle();
    this.builder.makeString();
    this.builder.makeItems();
    this.builder.close();
  },
  getResult:function(){

  }
};//Director.prototype

var AppendableString = function(str){
  this.str = str;
};
AppendableString.prototype = {
  append : function (str) {
    this.str = this.str + str;
  },
  toString : function () {
    return this.str;
  }
};//AppendableString.prototype

自分が作っているツール(WSHJScript)で考えるとController的なモノとしてこんな↓感じにして、その中で該当のModelとなるクラス(この↓場合だとUser)とうまく連携させれば上手いこといきそうな感じがしてきた。

var _id = "xxxxxx"; 
var builder,director,arg ;
var _user = new User(_id);
if(arg=="html"){
  builder = new HTMLBuilder(_user);
}else {
  builder = new JSONBuilder(_user);
}
director = new Director(builder);
director.construct();
builder.getResult();

自分のレベルなんてまだまだだけど、こういうのがわかるようになってくるとプログラミングの面白さ/奥深さっていうのがよくわかるなぁ。