TitaniumMobile勉強記

Web系エンジニア向けのキャリアアドバイザーやってましたが現在はフリーランスで開発含めて色々やってます。技術ネタとしてはRuby/RailsとJavaScript関連(Node.js、Titanium)あたり

もし新人のインフラエンジニアがKPTで振り返りをしたら

言われたとおりにやる

着実に学習
本番で成功
自信
自分が経験したところの周辺から挑戦できるようになる

勝手に自分でやる

色々勝手にやる挑戦
本番で失敗
反省
慎重さを身につける

インフラは技術要素がたくさん。
経験は個人に蓄積する。→伝承がひつよう

実際にはKeep&Problem Discuss→try

質疑応答

KPTの実施の頻度など?

頻度:毎朝チームメンバーの認識を合わせるため。1週間に1回くらいが良い
あまり期間が空いてしまうと、ふりかえりがつらくなる

だんだんTryのネタがつきないか?

そこまでチームが成熟していない
Tryの時はしっかりと期日を設けている