TitaniumMobile勉強記

Web系エンジニア向けのキャリアアドバイザーやってましたが現在はフリーランスで開発含めて色々やってます。技術ネタとしてはRuby/RailsとJavaScript関連(Node.js、Titanium)あたり

実機テストしようと思ったが、転送にはまってます

Titanium StudioでiPhone実機転送をする方法がとても参考になったのでTitanium Studio上で転送しようとするとこんな感じになって怒られています

[INFO] One moment, building ...
[DEBUG] Detecting modules in /Users/xxxxxxxx/production/asunaro/modules
[DEBUG] Detecting modules in /Users/xxxxxxxx/Library/Application Support/Titanium/modules
[INFO] Titanium SDK version: 1.7.2
[INFO] iPhone Device family: universal
[INFO] iPhone SDK version: 4.3
[ERROR] Error: Traceback (most recent call last):
File "/Users/xxxxxxxx/Library/Application Support/Titanium/mobilesdk/osx/1.7.2/iphone/builder.py", line 691, in main
provisioning_profile = read_provisioning_profile(pp,o)
File "/Users/xxxxxxxx/Library/Application Support/Titanium/mobilesdk/osx/1.7.2/iphone/builder.py", line 216, in read_provisioning_profile
f = open(f,'rb').read()
IOError: [Errno 2] No such file or directory: u'/Users/xxxxxxxx/Library/MobileDevice/Provisioning Profiles/00CCB231-FD22-44FF-9651-2A701DEDF6A7.mobileprovision'

Titanium Mobileメモ:実機で動作させる!というページをたまたま見つけて

指定したProvisioningの名前を変に解釈して読みだそうとしてしまっているのです。
これは、指定したいプロヴィジョニングファイル名を、読みだそうとしているプロヴィジョニングファイル名(上記エラー文言より判断)にリネームしてやります。
これでなんとか実行できました。

という記述があって、

「エラーメッセージ読む限りたしかにそうかも」

と思って、iOS Provisioning Portalからダウンロードして出来たファイルを
Users/xxxxxxxx/Library/MobileDevice/Provisioning Profiles/00CCB231-FD22-44FF-9651-2A701DEDF6A7.mobileprovisionにリネームして配置しなおして、再度転送を試みました。

すると、

[ERROR] Error: Traceback (most recent call last):
File "/Users/hoyamada/Library/Application Support/Titanium/mobilesdk/osx/1.7.2/iphone/builder.py", line 1305, in main
execute_xcode("iphoneos%s" % iphone_version,args,False)
File "/Users/hoyamada/Library/Application Support/Titanium/mobilesdk/osx/1.7.2/iphone/builder.py", line 1066, in execute_xcode
output = run.run(args,False,False,o)
File "/Users/hoyamada/Library/Application Support/Titanium/mobilesdk/osx/1.7.2/iphone/run.py", line 39, in run
sys.exit(rc)
SystemExit: 65

となって怒られました。。

さて、原因は何だろうか・・