TitaniumMobile勉強記

Web系エンジニア向けのキャリアアドバイザーやってましたが現在はフリーランスで開発含めて色々やってます。技術ネタとしてはRuby/RailsとJavaScript関連(Node.js、Titanium)あたり

クラフトビールが好きなので、CraftBeerFanというアプリを作ってます

雑誌「Hanako」 - ビア&バル おいしい夏呑み! という特集記事でもクラフトビールのことが紹介されているように、かなり盛り上がりつつあるクラフトビール

ただ、いざ飲もうと思ってお店を調べようとしても、情報がまだまとまってない状況なので、クラフトビールが飲めるお店、ならびに、買えるお店の検索ができるiPhone/AndroidアプリをTitanium Mobileで作ってます。

お店の情報について

お店は現時点で400件ほど情報がまとまっていますが、情報源として

の情報をスクレイピングした後に、住所情報を緯度経度に変換するようなスクリプトをいくつか書きました

過去に作りかけたアプリで、Web上の情報のスクレイピングRuby+Nokogiri で作っていたのですが、もう少しJavaScript関連のスキルを自分自身で上げたいこともあって、今回はJavaScript Onlyでいくことにしました

図にするとこんな感じですかね

f:id:h5y1m141:20130628081012p:plain

Titanium Mobile(Titanium SDK 3.1.0.GA)にて開発しており、2013年6月28日時点では、iPhone版を優先して開発してます。(ソースコードはTiQiitaの時同様にGitHubにて公開中)

アプリケーションの機能説明

近くのお店を検索する

  • クラフトビールが飲みたくなったので、近場で飲めるお店がないか調べたい
  • 行く予定のお店が決まってるが詳細の場所を確認したい

という状況を想定してこの機能を実装しました。

おそらくこの機能を使うことが多いかと思い起動直後にこの画面が開くようになってます

f:id:h5y1m141:20130628081207j:plain

地図上にお店の場所にピンがたっており、それをタッチすることでお店の詳細情報に画面遷移します

f:id:h5y1m141:20130625120632j:plain

都道府県別に確認する

こちらの機能については出張・旅行などで土地勘のない地域に行くけど折角なのでクラフトビールが飲めるお店がどの程度あるのか事前に下調べしたいという状況を想定して実装しました。

タブをタッチすると、以下のように都道府県名のリストが標示されます

f:id:h5y1m141:20130628081307j:plain

任意の都道府県を選択するとその地域のお店情報がリスト標示されます

f:id:h5y1m141:20130628081257j:plain

任意のお店をタッチすることで詳細情報に画面遷移します

f:id:h5y1m141:20130625120632j:plain

その他雑感

最近ブログ更新が滞りがちなのは、このアプリで利用するお店情報をTitanium Cloud Services のREST API通じて一括登録&削除みたいなスクリプトを書いたりTitaniumの書籍をKDP向けに書いてます。

現時点の自分のスキルだとこれら並行して、ブログ更新するのはどうも無理っぽい^^;