TitaniumMobile勉強記

Web系エンジニア向けのキャリアアドバイザーやってましたが現在はフリーランスで開発含めて色々やってます。技術ネタとしてはRuby/RailsとJavaScript関連(Node.js、Titanium)あたり

40歳を超えてエンジニアの仕事ができてるワケ

エンジニア35歳定年説からすると、現在42歳なのでその年齢は超えており、しかも前職は人材系の仕事をしていたので、エンジニアの仕事は8年ほどブランクがあるという状況の中でエンジニアな仕事で日々の売上を立てることが出来てます。

※といっても趣味&実益兼ねてここ数年はほぼ毎日コード書いてましたけどね^^;

なんでそんなことが出来るのかなとちょっと振り返ると1つのキーワードにいきつきそうなのでそこについて触れていこうと思います。

そのキーワードは抽象化するスキル

エンジニアとしての仕事をする上で色々なスキルが問われそうですが、個人的には抽象化のスキルが欠かせないかなと思っていたりします。

たまたま図書館で借りて読んだHarvard Business Reviewの2015年7月号でこんなことが書かれてました。

抽象化とは複雑な事象から類似を見つけること 〜中略〜 高次元で考えることによって、何が生まれるのでしょうか。

物事を抽象化してとらえ直すことです。それが人類にとって極めて重要なんです。 抽象化とは複雑な事象から類似を見つけるということです。類似を見つけるにはいい頃合いのレベルまで抽象化しなくちゃいけない。

この内容に関連するようなIT関連の記事が無いかなぁーと思ってちょっとググったらプログラミングの「抽象化」ってどういう意味で、なぜ必要なのかみたいな所で抽象化というキーワードが出てるので、抽象化が大事そうというのはあながち間違ってなさそうな気がします。

どうやって抽象化のスキルを身に着けたのか

エンジニア以外の仕事をここ数年はずっとやっていた状況の中で、結果的にですがどのようにして抽象化のスキルを身に着けたのかというと、インプットの量を増やす過程を通じて抽象化のスキルが身についたのかなと思ってます。

インプットのジャンルに偏りがなかったことで、物事を抽象化してとらえ直すという習慣が身についたような気がしますが、具体的にどういうインプットがあったのかちょっと振り返っていきます

前職でのキャリアカウンセリングの仕事

キャリアカウンセリングとは

キャリアカウンセリングとは、その個人にとって望ましい職業選択やキャリア開発を支援するプロセスのことです。 単に個人と職業のマッチングを考え、仕事を見つけるお手伝いをするだけではありません。人生で遭遇する様々な経験を積極的に受け止め、その人にとってより幸せな人生を描く成長の糧とするための支援です。

キャリアカウンセリングとは

ということらしいのですが、まぁ、確かにそうでしたね。

自分が心がけていたのも相手のおかれてる状況を踏まえて、その人が次の一歩を踏み出すお手伝いをするというスタンスで対応してました。

具体的には

  • その人が保有してるITスキルについて客観的に把握する
  • その人が抱えてる悩みとか課題を何故持つようになったのかその要因(例えばですがキャリアアップしたいっていう悩みにある根底がそもそも何なのか。)を話しの中から探る

という意識を持って少なくとも1500名くらいのキャリアカウンセリングをしてきました。

その経験を通じて、会社や立場や仕事内容が違っていても、同じような悩みとか課題を持つケースがあるのかなと考えるようになり、複雑な事象から類似を見つけるという抽象化そのものをずっとやっていた気がします。

そういう経験から似たような境遇の人同士が集まって互いに交流したほうが良さそうだし、そういう場をつくることで当時の本業にもプラスになることもあるかと思ってWeb系な人のキャリアカフェというトークイベントの企画運営に至ってたりします。

一時期本を読みまくった

インプットの量という意味ではこれも欠かせない要素かなと思ってます。

2005年に畑違いの人材系の仕事にシフトしたのですが、いろいろな人と接する上で、これまでと全く縁がない領域について知っておいたほうが良いと思って、1年に100冊本を読むというのを目標にしていました。

7月、8月に読んだ本を見ると、本当に色々なジャンルの本を読んでて最終的に目標は達成してるので我ながら良くやったなぁと思います

一見すると全然関連性がないような本同士でも、根底で通じるような概念みたいなものが見えてきてからは、本を読むペースが上がってきた気がしますが、これなんか、まさに物事を抽象化してとらえるということの一例かと思います。

最後に

自分としては30代で得たスキルとして抽象化というのがポイントになって40代の今を過ごしていますが、同世代の人が、30代をどう過ごして今に至ってるのかというのがちょっと聴いてみたくなり、今お手伝いをしてる仕事の区切りがつく頃合いを見計らって、以前やっていたようなトークイベントをやる上でのきっかけ作りにするためにちょっとまとめてみました。

仕事の区切りがつくかどうかはちょっと見えないけど、なるべく早い時期に実現したいと思ってます。