TitaniumMobile勉強記

Web系エンジニア向けのキャリアアドバイザーやってましたが現在はフリーランスで開発含めて色々やってます。技術ネタとしてはRuby/RailsとJavaScript関連(Node.js、Titanium)あたり

図書館に行こう


通勤で利用する最寄り駅の所以外にも、自宅から15分位歩いた所に光が丘図書館という大きな図書館があります。

気になる本があれば、インターネットで予約しておいて、帰宅する時に最寄駅の所の図書館で本を借りて・・・という事が習慣になっていると、わざわざ自宅から遠くにあるもう1つの図書館まで足を運ぶきっかけがなく、ほとんど光が丘図書館には行くことがなかったのですが、先日うちの娘の散歩を兼ねて光が丘公園まで足を運んだついでに、ちょっと立ち寄ってみました。

最寄り駅の図書館と比べても蔵書量は比較にならないのはもちろん知っていたのと、その時読んでいた本がややテーマが重たいものだったので、気軽に読めそうな本がないかと何気なくスポーツ関連の棚を眺めていたら東京マラソンという本や、眼力の鍛え方という本を見つけたり、比較的すぐ近くにコンピュータ関係の棚があったので眺めていたらOreillyの本がいくつかあって、エンタープライズ Railsがあって

「えっ?こんな本も図書館にあるんだ」

とちょっとした驚き&喜びを感じてついつい借りました。

図書館のWebサイトから予約できるし、最近だとカーリルのような全国の図書館を対象にまとめて検索できるような便利なものもあり、探している本が明確であればもちろんこういうツール使ったほうがラクちんだと思います。

でも、実際に図書館に足を運ぶことで、以前なんとなく気になっていたような本とか、なんとなく興味あるのでとりあえず読んでみようかなーという思いがけない出会いがあるなぁーと感じました。