読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TitaniumMobile勉強記

Web系エンジニア向けのキャリアアドバイザーやってましたが現在はフリーランスで開発含めて色々やってます。技術ネタとしてはRuby/RailsとJavaScript関連(Node.js、Titanium)あたり

子育てのゴールデンタイムの今を大事にする

うちの奥さんがしばらくの間、日曜日に学校に通うことになったという事情も合ってしばらくの間、毎週日曜日に娘と2人で過ごしてます。

最初は、近所の公園でいつものように遊んで・・・と思ったけど毎週日曜日がそんな感じだと、まぁツマンナイだろうし、車のCMにあったモノより思い出じゃないけど、折角のこういう機会なんで、娘が行きたいと思うような場所をピックアップして、遊びに行くようにしてます。

最近の活動を振り返ると後厄のオジサンな自分からすると頑張ってると思う

ここ最近を振り返ると

  • GWまっただ中に渋谷のNHKスタジオに行く
  • 井の頭公園に動物を見に行く→隣駅に移動してローラー滑り台などの遊具がたくさんある公園で遊ぶ
  • (電動アシスト付き自転車ですが)娘を乗せて自転車を30分ほど漕いで交通公園で遊び、その帰りに都内で唯一の牧場見学に行く
  • 別の日に、自転車を30分ほど漕いで植物園&小さい動物公園で遊ぶ

という感じでした

f:id:h5y1m141:20150601081944j:plain

f:id:h5y1m141:20150601081957j:plain

f:id:h5y1m141:20150601082008j:plain

f:id:h5y1m141:20150601082018j:plain

f:id:h5y1m141:20150601082041j:plain

今後の予定としては

  • 大潮周りの日をチェックしながら、大学時代〜20代なかばまでウィンドサーフィン&サーフィンのためによく通っていた鎌倉の一角の和賀江島で磯遊び出来るっぽいのでそこで遊ぶ
  • 大森エリアで遊ぶ(しながわ水族館、平和の森公園フィールドアスレチック、城南島海浜公園)

みたいなプランを立てます

後厄のオジサンな自分からすると、年長さんになったうちの娘と1日遊んで過ごすにはそれなりの体力が必要だというのをすごく実感してて、ここ最近の毎週月曜日はだいたいどこかが筋肉痛になってる確率がとても高かったりします^^;

なぜそこまで頑張るのか

ちょっと長い前置きでしたが、なぜそこまで頑張るのかという理由として、このエントリのタイトルに繋がるのかと。

子育てのゴールデンタイムっていう言葉は自分が考えたフレーズじゃなくって子育てでヘトヘトなパパママへ!実は短い「子育てゴールデンタイム」という記事にかかれていたものなので、そこから引用しました。

でも、そうした大変な時期って、本当に、あと数年なんですよね。大変なことほど、後から振り返ると楽しいというか…。

ということが書かれてたのですが、冷静に考えると、来年小学校だし、小学校に入って、数年もすると、親と一緒に遊ぶっていう機会はたぶん無くなるだろうからそう考えると、本当にあっという間ですね。

まぁ、ゴールデンタイムっていうのがあっという間っていうのはわかったのですが、それでも何故頑張れるのかちょっと振り返ってみました。

成長を感じることが出来るから頑張る

生まれて病院を退院した後に、すぐに家族3人で過ごしてきて、今に至るのですが、例えば月齢半年〜2歳位までの頃のことは、あまり記憶に無かったりします。

でも写真を見ると「あーそういえばこんなことがあったなぁ」っていうのは思いだせるし、そういう過去と比べると、今はずいぶん成長したなぁという実感を得られるのは、父親として出来る範囲で育児と家事に関わってきたからこそなんだと思ってます。

そういう過去の蓄積があるから、子どもの成長とか変化に気づけるわけだからそう考えると頑張れるのかなと。

一人っ子の娘の切なさそうな顔を見て

いつだったか記憶が曖昧なのですが、公園に娘を連れて遊びに行っていつものように(自分も一緒になって)遊具で遊んでいました。

世の中では少子化と言われるけど、意外とうちの近所では2人とか3人兄弟・姉妹みたいな家族が結構多いみたいで、周囲の子どもたちは兄弟・姉妹で仲良く遊んでおり、その姿を眺めていた娘が、なんとなく羨ましいという感じのちょっと切なさそうな表情をしていたように見えました。

私自身は、姉が2人いるのですが、末っ子長男で男1人なんで、なんとなく気持ち的に一人っ子の気持ちがちょっとだけわかる面があり、そういう自分の心境で勘違いしてるだけっちう気もしますけどね^^;

1人よりも2人。2人よりもそれ以上で遊ぶ

いづれにしても、1人で遊ぶよりは、2人で遊んだほうが楽しいし、実際自分も子供と一緒に遊んでると、小難しいことを考える暇もないし、日頃使わないような脳神経が刺激されるような感覚もあってとてもリフレッシュされます。

こっちから知らない子どもに話しかけると最近だと怪しい人扱いされそうだし、そもそも自分からそういうのが積極的に出来るタイプではないのでやらないのですが、 幸いなことに、娘と一緒に遊んでると、かなりの確率で、男女問わず知らない子どもに自分は話しかけられます。

そういうタイミングをうまく掴んで、そういう子をうまく巻き込みつつ、一緒に娘を遊ばせるようにすることで、わずかな時間かもしれないけど、2人ではなく3人とか4人とかの大勢で一緒になって遊べることもできるので、そこは親として自分次第でどうにか出来る事なので、頑張ってやってます!

最後に

なんでこんなことを書こうと思ったのかというと、ちょっと前に、こちらの団体の方から、我が家の家事事情についてのインタビューを受けたのですが、話の流れで育児についてちょっと考えるというか振り返ったので、それをちょっと深堀しておきたくなって書きました。

あとは、仕事でRails2系→4系というちょっとチャレンジングなことをやってて、ちょっと煮詰まり気味なので、書いたというのもあったりします^^;