TitaniumMobile勉強記

Web系エンジニア向けのキャリアアドバイザーやってましたが現在はフリーランスで開発含めて色々やってます。技術ネタとしてはRuby/RailsとJavaScript関連(Node.js、Titanium)あたり

Android版のGoogleMapsアプリのようなUIをTitaniumで実現したい

例えば、地図上にピンが表示されてあって、それをタッチしたらそのお店の詳細情報が記載されたViewが下からアニメーションでせり上がってくるようなUI

言葉だと伝わりづらいので、絵にしてみました。

f:id:h5y1m141:20140313192535p:plain

左から順番に意図を説明します

  • スクリーン上には標示されない所にあらかじめViewを配置しておく。このViewは仮shopInfoViewという名前とします
  • click イベントが発火されたら、スクリーンの高さの半分を計算して取得しておく。そしてその値でshopInfoViewのheightに設定する
  • スクリーンの高さの半分の所までアニメーションさせる
  • アニメーション完了したら、MapViewの高さをスクリーンサイズの半分にする

iOS向けアプリだと、この処理意外と簡単だったけど、Androidの方はちょっと苦労したので、後日サンプルコード付きで解説エントリ書こうと思います。

※本当は書こうと思ったけど、上記絵を描いてたら、説明文章まで書く気力がなくなった。。。